CFDの世界はチャンスがザクザク!

 

初めまして、こなたです。

 

僕は普段、インターネットを活用したビジネスや投資(投機)で生計を立てています。

 

僕の細かいプロフィールなどは以下のページで記載されているので興味がある方はぜひ一度みてみてください。

 

こなたのプロフィール

 

突然ですが今、世界中のトレーダーがCFDに注目しています。

 

日本人の多くが仮想通貨に目が言っていますが、ぶっちゃけ世界的に見たらCFDの方が断然熱いです(笑)

 

「そもそもFCDって何・・?」

 

とあなたは思われているかもしれませんので、まずは

 

CFDとは一体何か?】

 

についてお話させていただきます。

 

CFDとはContract For Differenceの略であり、簡単にいってしまえば様々な金融商品を指数化したものに投資することです。

 

多くの方が知っている人気のFXがありますが、実はこれもCFDの一種です。

 

FXの場合、為替を指数化したものを取引します。

 

例えばドル円を取引している場合は、ドル紙幣の現物を売買しているわけではありませよね。

 

あれはあくまでもドルと円の為替を数値化したものを取引しているだけなのでFXは単なるマネーゲームだとも言われています。

 

CFDもこれとまったく同じで、世界中の金融商品を数値化したものを取引します。

 

例えば、日経平均株価を数値化した「日経225」であったりNYダウを数値化した「米国30」あすべて現物と連動した動きをしますので先読み指標としても使われています。

 

これだけではなく、米国企業の個別銘柄にも投資できます。

 

例えばAmazonやFacebook、アメリカン・エキスプレスなど…

 

超有名企業の株価はもちろん、他にも金(ゴールド)や銀、原油なども取引できます。

 

まさに世界中の金融商品すべてを網羅したものがCFDの世界です。

CFDの魅力に満ち溢れています

 

 

CFDは自宅にいながらスマホ、パソコン、タブレットなどで世界中の金融商品が取引できます。

 

しかもほぼ24時間の取引が可能であり、そして今では証券会社の競争もあり取引手数料はゼロ円です。

 

FX同様にレバレッジをかけることも出来るので、少額から取引することも出来ます。

 

はっきりいってトレードに興味がある人であればCFDをやらない理由はありません。

 

さらに以下の画像をみてみてください。

 

 

上記の画像をみていただくと、トレード環境としてはCFDは最高峰であることがお分かりいただけるかと思います。

 

例えば、記憶に新しいと思いますが、昨年4月コロナウイルスの影響により原油価格は大暴落、一時ゼロ円を付けました。

 

現在は42~43$ほどで推移しています。

 

コロナにより誰も外出しなくなり、旅行も行かなくなる。

 

よって車のガソリンや飛行機の燃料が使われなくなるので原油価格が落ちるのは投資素人でも予想できたことです。

 

現に3月4月に大暴落が起こったのですが下落はすでに2月から始まっていました。

 

つまり、誰でもこの大暴落相場は取れたということ。

 

さらに注目すべき点は、この大チャンスに証拠金わずか2,200円で乗れていたということです・・。

 

CFDは”現金掴み取り”のようなもの

 

これだけ参入障壁が低くそして利益が出しやすいCFDですが、そもそもCFDをやっていなければ、当然このチャンスを掴み取ることはできません。

 

道端にお金が落ちているような状態なのに、その場にいないようなものです。

 

僕は今日まで周りの方達にずっと言ってきました。

 

「CFDをやらないのはホントにもったいない

 

と。

 

テクニカル分析をしなくても、特別な情報を持ち合わせていなくても普段から耳に入ってくるニュースだけでボロ儲けできてしまう可能性を秘めているのがCFDですからね・・。

 

本当に感覚的には

 

「落ちてるお金を拾うだけ」

 

「現金つかみ取り」

 

そんな感覚です。

 

多くの人は、こういうのがあるのに、これをやらないで「お金がない…」「お金に困った…」と言ってるのです。

 

そして、世の中を憎んだり政治批判をしたり…もう訳が分からないです(笑)

 

CFDの登場以来、お金を稼ぐこと、お金を手に入れることは容易になりました。

 

あとは、やるかやらないか…本当にそこだけです。

 

お金だけが目的ならCFDでOK!

 

よくFXだけをやっている人、株式投資だけをやっている人を見かけます。

 

株がだけ好き、FXだけが好き、と言うのならそれは全然OKです。

 

しかし、「お金を稼ぐことが目的」であれば絶対にCFDもやってください。

 

なぜか?

 

それは結局トレードというのはいかに簡単な場所つけるかであり、そして探す場所は多い方が断然良いからですね。

 

例えばFXを長年やっている人なら分かると思いますが、イギリスのブレグジット関連でポンドは急落しました。

 

ここは参加さえしていれば、誰でもボロ儲けできる相場でした。

 

約2年に渡り下げ一辺倒でしたから、この状況で「ポンドを買おう!」と思う人はいないわけです。

 

アベノミクスでもそうでした。

 

ドル円は75円から125円まで上昇したのですが、この間ほとんど落とすことなく上げ一辺倒でした。

 

このように誰がどう見ても上がるか、下がるかが明白な相場というのが存在するわけですが当然、そう何度もあるものではありません。

 

だから、例えばFXだけをやっている人は、こうした簡単な相場が来るのを待ちきれず、稼ぎたい気持ちが先走りして難しい局面でトレードしてしまう。

 

そして、どんどん資金を溶かしていくのです。

 

しかし、CFDのように世界中の金融商品に投資できる環境があればアベノミクスやブレグジットのような簡単な相場はあちこちに落ちています。

 

つまり、CFDを行うことにより、トレードはお金が落ちているところを探すだけの作業になるのです。

 

超絶分かりやすいCFD相場

 

 

では、実際にその簡単な相場というものをご紹介していきたいと思います。

 

まずは、こちらの相場。

これは先程も話にでました原油CFDです。

 

2020年1月からコロナウイルスの噂が広がり徐々に下落。

 

その後基準線を割ったところから一気に下落。

 

チャートを見て頂ければ分かるかと思いますが約4ヵ月の間、ほとんど戻すことなく下げています。

 

参加さえしていれば誰でも取れる相場ですよね。

 

次に金スポットです。

こちらも新型コロナウイルス関連の相場ですが、金(ゴールド)は「有事の金買い」と言われるように、リスク回避のための金融商品として知られています。

 

戦争やリーマンショックのような金融危機が起きた時、投資家は資産防衛のために金を買うのです。

 

そしてリスクが去ったら、売りに走る。

 

これを知っておくだけで、どこで買い、どこで売ればいいのか分かりますよね!

 

最後はこちら。

こちらは上海50です。

 

中国では5月上旬にはすでに新型コロナウイルスは終息していました。

 

その一報が入ると世界中から上海50の買いが殺到!あっという間に4000ポイント以上上昇しました。

 

この大相場も誰でも知り得る情報だけで取れた相場です。

 

直近の代表的な相場をご紹介しましたが、このように誰もが知り得る情報だけでCFDは簡単に稼ぐことが可能ということですね。

 

テクニカル不要でも勝てる相場がたくさんあるという衝撃の事実・・。

 

もちろん、テクニカル分析を学んでおいて絶対に損はありませんし、CFDでも最低限のテクニカル分析は必要となってきます。

 

しかし、テクニカル分析を行わず情報のみで莫大に勝てる場面があるのもまた事実です

 

というよりも大きく勝てる場面というのはテクニカル分析よりも、むしろ情報やファンダメンタルズの要素の方が大きくなるのがCFDの特徴です。

 

例えば最近の話で言えばワクチンがそうですよね。

 

2020年11月中旬、米製薬会社大手ファイザーが開発中の新型コロナワクチンで95%の有効性があったと発表しました。

 

この一報を受けてファイザーの株価は暴騰、米株も景気回復の期待から一気に上昇、史上最高値を更新してきました。

 

このようにトレードである以上、最低限のテクニカル分析は必要になってきますが、情報のみで大きく勝てる場面もあるのです。

 

しかも、その情報は特別な情報ではなく誰もが知り得る情報です。

 

もちろんこれはFXでも同じことが言えます。

 

FXはテクニカル分析は欠かせませんが、テクニカル分析以前に情報や世界情勢だけで勝てる場面もあります。

 

しかし、FXのみだとそうした場面は極端に減ってくるので、必ずCFDも同時に行い誰が見ても勝つことができる場面を多く作りましょう!ということです。

 

誰でも勝てる場面でのみトレードを行い確実に儲ける。

 

これがトレーダーとしての鉄則ですがFXだけをやっていては、そういう場面はそう多くはありません。

 

僕の肌感覚で言えば、FXにCFDをプラスすればこうした場面は10倍程度になるのではないでしょうか。

 

これが僕がずっと言ってきた「CFDをやらないと損します」という理由です。

 

あの伝説もCFDが舞台でした

 

【タートルズ】

 

トレーダーの中でこの名前を知らない人はいないでしょう。

 

「トレーダーは育成できる!」

 

ということを実践で立証しウォール街を席巻したのが伝説とまで言われるようになったトレーダー集団「タートルズ」です。

 

まったくのトレード素人を十数名集め数週間のトレーニングの末、実践へ。

 

参加した全員が億を超える金額を稼いだことに世界は驚嘆しました。

 

彼らはどんな手法を用いていたのか、マーケットはどこか、株式市場か為替か先物か…

 

当時はすべてが謎のベールに包まれていました。

 

しかし、近年になってタートルズを題材にした書籍も発売になり次々と謎が明らかになったのです。

 

まず手法は、最もオーソドックスな「トレンドフォロー」でした。

 

そして、マーケットはどこか?

 

メンバーの一人が次のように言っています。

 

“it a all”

(すべてさ!)

 

タートルズのメンバーは、外国為替市場、株式市場、商品市場…

 

あらゆるマーケットで利益を上げていたのです。

 

利益をあげていたというより、その時々で最も都合の良いマーケットに移動していたのです。

 

戦う場所にこだわりはなく、もっともラクに勝てる場所を選んでいたということでした。

つまり、タートルズ儲けの秘密は、簡単な相場を見つけトレンドに乗っていただけということでした。

 

世界的有名なトレーダーでトレード指導者としても有能なマイケル・コベル氏もレポートの中でこう言っています。

 

「株しかやらない、為替しかやらないという生徒を私は受け付けません。なぜならそれでは勝てる確率が一気に下がるからだ。」

 

と。

 

結局、マーケットを限定するということはそれだけチャンスを狭めているということ。

 

これだけ経済がグローバル化しているのですから主戦場を限定する必要はまったくありません。

 

得意分野を持つのは良いことですが、しかし「そこしかやらない」というのは、あまりにも世界が狭すぎますし、そしてもったいないと僕は思います。

 

ここまで読み進めてくださったあなたならきっとCFDの魅力を充分に理解していただいているかと思います。

 

ただ、同時に

 

「どうやって始めたら良いのか分からない」

 

もしくは

 

「実は既にやっているがイマイチ上手くいっていないんだよね・・」

 

といったことを思われているのではないでしょうか。

 

そこで、今回はあなたがCFDでゼロから利益を出していけるように、「CFDの教科書」をご用意させていただきました。

 

しかもこの教科書は現役でCFDで利益を出しまくっているプロトレーダーさんが作成したものとなります。

 

【CDFで稼ぎたい人はこの教科書さえあればOK】

 

そんな内容になっているのでぜひご期待いただければ思います。

 

CFDの教科書の全貌

 

それでは、CDFの教科書に書かれている内容について箇条書きで簡単にご紹介していきたいと思います。

 

  • まずはココから!CFDの始め方とお勧めの口座について
  • CFDの仕組みとレバレッジを分かりやすく図解説!
  • CFDで利益を出していくために必要な取引ツールと注文方式について
  • これだけは絶対に抑えておきたい専門用語について。
  • CFDの銘柄は大きく分けて4種類!全て分かりやすく図解説!
  • チャート分析の基本であるローソク足について。
  • CFD攻略には必須であるトレンドとは?
  • トレンドを見抜く超シンプルな方法について。この方法でトレンドが見極めることができるようになり、CFDで淡々と利益が出せるようになります。
  • トレンドと同じくらい大切な抵抗体について。
  • あのタートルズも利用していたブレイクアウト手法について。
  • CFDで利益を出したいなら絶対に押さえておきたいチャートパターンについて。
  • トレードで長期的に勝ちたいなら絶対に抑えておきたい資金管理法について。
  • ペイオフレシオとバルサラの破産確率について分かりやすく徹底解説!
  • トレードでの勝利はメンタルから・・。メンタルが弱い人用の利確・損切り術
  • CFDで勝ちたいならここを狙え!3つのゴールデンパターンを大公開!
  • 2021年最新!プロトレーダーがこっそり明かすお勧めの銘柄について

 

正直なところ、上記に記載したのは内容のほんの一部にすぎません。

 

あなたがCFDで利益を出していくために必要な知識・知恵は全て書かれているのでぜひ手に取っていただけたらと思います。

 

手厚いサポートもお付けします

 

「自分に本当にできるか不安だな・・」

 

と、もしかしたらあなたは思われているかもしれません。

 

CFDの教科書は基礎中の基礎からしっかりと解説をしているので、あなたが仮に全く未経験で初心者だったとしても問題なく実践できると自負しております。

 

ただ、それでもやっぱり不安だという気持ちを拭うはできないかと思いますので、今回は

 

回数無制限2年間のメールサポートもお付けします。

 

サポート担当はなんとCFDの教科書を作成したプロトレーダーさんです。

 

CFDの教科書を作成したプロトレーダーさんに、あなたは2年間いつでも好きな時にメールして疑問点を解消することができます。

 

しかも、回数は無制限です・・。

 

これできっとあなたの不安も払拭されたはずです・・。

価格について

 

CFDの教科書は現役プロトレーダーさんが作成した非常に価値のある内容となっています。

 

しかも、今回はプロトレーダーさんによるメールサポートもお付けしている点から、正直なところ販売価格は最低でも10万円以上にしたいと思っていました。

 

ただ、今回は一人でも多くの方に見ていただけるように、

 

19,800円(税込み)

 

にてご提供させていただければと思います。

 

・・

・・

 

 

と思いましたが、ここはさらに思い切って

 

2980円(税込み)

 

にてご提供させていただければと思います。

 

正直、限界ギリギリの価格ですので、いつまでこの価格でご提供できるか分かりません。

 

ですから、ぜひこの破格のチャンスをあなたには掴み取っていただけたらと思います。

 

【PDF:全243ページ】

 

お申し込みはこちら

(※1)アドモールでの決済となります。

 

 

 

初心者でも大丈夫ですか?
もちろん問題ありません。

今回の教材も初心者から参加できるように作ってあります。

そして投資やトレードにおいて必ずしも経験者が有利ということはありません。

経験のある方でも同じような失敗を繰り返しては、思うように稼げていないのが現実です。

大事なことはどこまで行っても基本に忠実になることです。

だから、ある意味では基本を守れる初心者の方が優位かも知れません。

 

FXよりも簡単ですか?
簡単というのは主観もありますので何とも言えませんが、個人的な感想としては、必ずどこかの銘柄でトレンドが発生しているという面ではCFDの方がやりやすいです。

FXはトレンドが発生したら長いという性質はありますが、そもそもトレンド自体が発生してない期間も長いです。

FXでトレンドが発生していない時はCFDをやる、といったように使い分けると良いかと思います。

 

いくらぐらいから出来ますか?
厳密に言えば数千円から出来ます。

3000円でも5000円でもできますが、当然リターンも少ないです。

本格的に稼ごうと思えばやはり最低でも10万円は必要かと思います。

 

損することはありませんか?
CFDは立派な投資商品です。

 

そのため投資商品である以上リスクは必ずあります。

 

ですので、投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。

なお、投資によって発生する損益は、すべて実践者様へ帰属します。

 

借金になることはありませんか?
CFDはFX同様に証拠金取引です。

ですので基本的には入金した金額以上に損失が出ることはありません。

ただし、どこの証券会社も「損失の額が証拠金の額を上回ることもありますのでご注意ください」と注意書きされています。

これは、急な相場変動などで値が飛び強制決済が追いつかないこともあるためです。

可能性としては限りなく低いですが、そういったリスクもあるということはご理解いただきますようお願いいたします。

 

 

 

最後に・・

 

ここまでお読みいただき本当にありがとうございます。

 

ここまで読んでくださったあなたに僕からどうしても最後にお伝えしたいことがあります。

 

それは

 

「チャンスは逃さないで欲しい」

 

ということです。

 

コロナウィルスが蔓延してからは世の中には暗いニュースばかりが流れるようになり、そして多くの方が経済的な不安をいだくようになりました。

 

しかし、実はそんな世の中でもお金を稼ぐチャンスはゴロゴロ転がっています。

 

チャンスというのはいつもピンチのフリをしてやってきます。

 

こんなご時世だからこそ稼ぎやすい場所があることをぜひあなたにも知っていただけたらと思います。

 

そして、ぜひ一緒に稼いでいきましょう!

 

それでは、最後までお読みいただき、本当にありがとうございました。

 

【PDF:全243ページ】

 

お申し込みはこちら

(※1)アドモールでの決済となります。

 

【当プログラムの提供者について】

当プログラムはこなたがとあるプロトレーダーの方から正式に許可をいただいて販売しているコンテンツとなります。

 

本プログラムのサポートは、教材開発者のプロトレーダーの方が責任を持って行わせていただきますのでご安心ください。

 

【投資に係るリスクおよび手数料について】
当サービス教材は、著者と同じような利益が出ることを保証するものではありません。
当サービスは売買銘柄・売買タイミングまで踏み込んでアドバイスするものではございません。
為替取引は価格変動リスクを伴いますので、場合によっては損失を被る場合があります。
為替取引には取引業者の売買手数料がかかります。

 

特定商取引法の表記